九州出張のこと・・・

先月は決意もむなしくブログが途絶えてしまいました。というのも月末に久しぶりの九州出張があって福岡に行っていました。一件は福岡県大野城市でほうしゅやま接骨院を営む岩田院長の2号店でHOISTのスクワットラックとバーベルセットの納品がありました。1号店は既に接骨院を開いていた施設の中で小生曰く『日本で一番小さいジム(2メートル×5メートル≒3坪)』を作って会員を募集し、”整体と運動”を切り口を変えて融合させ、立派なパーソナルジムに仕上げて現在100名超の会員を抱えて忙しくしています。彼のすごいところは採算が乗ったとたんに一駅離れた場所ですぐさま2号店を開店したことです。ここはオープン当初こそ苦戦して、時々小生に電話して意見を求めてきていたのですが一年を待たずに黒字化を達成。来春博多駅前にオープンするマルイの中にテナント出店する契約を締結したのです。その行動力には驚かされ、心配してしまうほどでついつい自分のビジネスは忘れて彼に老婆心ながら意見をしてしまいます。今は接骨院、整骨院も供給過多で激しい生き残り競争を展開しているさなか・・・先を見据えた経営といえるでしょう。

2件目は久留米市にある異業種の方が経営されている駐車場付き100坪のジムです。この方は弊社のホームページをご覧になってコンタクトされてきました。最初はHOISTのモーションケージに興味があって見積りが欲しいということだったのですが何度か話をしているうちに一度現場を見て欲しいということで丁度いい機会だったので久留米まで足を運びました。のどかな田園風景が広がる中に小生がかってニューヨークでみた工場跡を改装したおしゃれなジムがあったのですが、まさにオーナーもそのイメージで作ったというマシンジムが出現したのです。機能的には小型ジムとしての機能は全て揃っていて、男女別シャワー完備のロッカールーム、ストレッチスペース、フリーウエイトゾーンは全体の3分の1を占め、カーディオもしっかりと品揃え、ストレングスマシンはこれでもかというほどの多彩さ・・・こちらがびっくりするくらいの内容でした。オーナー曰く『筋トレのユートピア』にしたい由。ただ、地域的な問題だけではない経営上の課題が色々散見されたのでかいつまんでご説明申し上げ後日改善案を提案するということで引き上げました。

帰り道の途中馬肉専門店があって東京に送ってもらったのですが ”うまかった・・・”

フィットネスに対する視点、切り口は色々あろうかと思いますが、原理原則は変わらないものだと思います。こうして様々なカテゴリーの方がフィットネスに参入してこられるのはとても素晴らしいこと・・・もし迷われたら迷わず弊社にお声掛けください。

でしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中