フィットネスサバイバル

最近、まだ大規模ではないが…フィットネスクラブの譲渡やM&A案件が持ち込まれてきます。その内に大型のM&Aも有り得る環境下にあるのではないでしょうか?
大小の規模を問わず、今はどのクラブどの会社もサバイバル(困難な状況を乗り越えて生き残ること)のために衆知を集め、資源(ヒト・モノ・カネ)の有効活用に腐心していることでしょう。何をどう生かすかはそれぞれのクラブ、企業によって違いは出るでしょうが…一番大事な要素は“人”だと思います。この状況を機に人的不良在庫を一掃したいと思うようなところには未来はないと確信しています。少なくともワイズフィットネスはヒトが最も大きな資源だと思ってサバイバルしたいと思います。