パンデミック下の収束後の対応について②

大まかではありますが、前回アメリカでのフィットネス業界の実態をクラブ倒産が17%から25%、メンバーの復帰率が60%から75%と言われていると報告させていただきましたが…
今回はその後のアメリカ状勢として、スピーディーかつ柔軟な対応による大規模なワクチン接種の普及(日本の劣悪な対応と比較して?)で経済が猛烈な勢いでコロナ前に戻ろうとしており、制限されていたフィットネスを含む業種は再稼働が始まり求人もどんどん出てきている由。
当然、日本もコロナが収束してきた先にコロナ禍以前よりもフィットネス需要が高まると予想されます。
この厳しい状況の下で如何にその布石、準備、投資ができるかがキーポイントであることを肝に頑張っているところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中