新型コロナウイルス禍での営業について

現状のコロナウイルス禍は未曾有の出来事であり誰もがその対処に確たる答えがないままに現実の対応に追われているというのが実態です。こういう状況下での営業についても消毒、換気、密集状況を避けるといった基本的な対策を施したうえで、更にお客様目線、経営サイド目線、社会環境目線といった複合的な視点で営業の可否あるいは営業の在り方を模索していると思います。ただし営業面だけ見ると、明らかにそこには企業の持っている哲学、概念よりも資金力の差という要素が勝ってしまうというのは小生のゆがんだ根性だからでしょうか。
休業すると判断すると我々の業界では先ずはお客様の健康的なライフスタイルを妨げ、勿論収益は全く無くなる事態になります。営業を継続すると、唯一の救いは会員制による会費収入が主な収入であり、営業を無事に続けることで一定の収益は確保できます。(休会届が多くなるのは致し方がないことですが…)この状況下、毎日奮闘してくれているスタッフと何の憂いもなくワークアウトに来てくださる会員様に感謝です。一方で、小生の親しいホテル経営者に話を聞くと、とんでもない状況にあることを知らされ呆然としてしまいます。小生が目標とする経営者のホテルはわずか創業7年で50億円規模となり、順風満帆、飛ぶ鳥を落とす勢いだったのがインバウンダーがメインだったこともあり毎月2億円の赤字を生んで、資金繰りに奔走する毎日を過ごしているとか…一方で大手企業が運営するリゾートホテルはこの時期毎年企業等の研修等で満室状態であるのが稼働率15%という惨状でも「仕様がない」と内実強化するいい機会というニュアンスでありました。
弊社はもちろん資金力豊富な大手企業とは言えません。
今できることを精一杯やって、あとは天命を待つのみと腹を括って前を向く…頑張りましょう!!

危機的状況 CRISIS SITUATION

フィットネス業界で…禄をはむこと…20年、経営者として…9年、独立して16年、合計45年の長きに渡ってこの業界で生きてまいりました。今ほどの苦境にこの業界が陥ったことを知りません。私事ですが、阪神大震災にも関東大震災にも、遭遇して電気のない、水のない、火のない経験もしていますが、そういう物理的な天災でもないし、オイルショック時の日常物資の買い占め騒動やリーマンショックのような経済的な騒動でもない。こういった経験の中でもフィットネス業界はしたたかに確実にその苦境を乗り越えて成長してきた事実があります。しかし、スポーツクラブの前線でお客様と毎日対峙しているスタッフが疲れ果て、出口の見えない絶望に似た喪失感を感じながらも精一杯努力をしてくれている現況に本当に頭が下がります。毎日退会だ休会だといらっしゃるお客様のなかで、つい先日わが社のクラブの支配人から電話があり、また何か問題が起こったかとつい身構えてしまいました。ところが、電話の内容は入会のお客様がいらっしゃいましたとのこと…この時期にと思わず僕に電話をしたとの由、こちらも嬉しくなりました。冷静なお客様もいらっしゃいます!ここは腹を据えて出来ることをしっかりとして自分の健康を一番に、ほかのお客様の健康維持のためにも我々業界が慌てず、騒がず、冷静に対処していくことが肝要だと思います。

協業のすすめ

協業とは…多数の者が一つの生産過程あるいは関連のある生産過程で、多数の者が計画的に協力して生産に従事する形態のこと。
英語では『Alliance』(同盟、縁組み)…ビジネスシーンで使用される場合は、異なる立場にある企業同士が利益を生み出すために協力し合う体制や経営スタイルのこと。
とあります!
我が社には小生がビジネスマンとして成長させてもらったマイカル時代の経営理念『企業の使命感に徹す良心的結合』があります。
この使命感に徹する良心的な結合にこそ『協業』の意味と意義があると信じています。
フィットネスビジネスの世界にも『協業』の精神をもってアライアンスしていきたいと強く願っています。
今、都内某所のパーソナルジムのオープンに向けて内装業者様との協業を通じてコストパフォーマンスの高い実践をしています。
これは小さな一歩ですが、今後大きな流れにしていきたいと思っています。

反省

表題は正に自分自身への叱咤をこめたものです。

ホームページの重要性については今更言うまでもないことであるのですが・・・自分自身はその意味も内容についても極めて長きに渡ってネグレクトしてしまっていたことを深く深く反省するところです。

というのも最近、弊社のホームページを見てという新規のお客様が大変増えてまいりました。

にも拘らず、小生は一向にブログを更新することなく忙しさにかまけてやり過ごしていたことを大いに恥じる次第です。弊社HPを通じて仕事のご依頼を頂く機会が増えてきたこの頃ようやく覚醒できた思いです。

これからは謙虚に真摯に小生のつたない経験と知識を伝播する(propagation)という使命に徹して書き込むことを誓いたく存じます。

フィットネスビジネスは『Making Money in the Fitness Business』から『How to make More Money in the Fitness Industry』へと進化しています。

『革新的不断の進歩』を忘れず精進してまいります!!

謹賀新年

あけましておめでとうございます。成人式もすんだこの時期になると正月気分も漸く吹っ飛んできますが…今年も何卒よろしくご贔屓くださいますようお願いいたします。

さて、正月早々会社宛に嬉しいメールをお客様から頂きました。原文のまま紹介させて頂きます。

『お世話になっております。無事受け取り組み立てまで完了して使用しています。素晴らしい使い勝手、見た目で大満足です。保守部品やベンチなど数点気になる商品があるのでその際はまたよろしくお願いします。米澤社長にも伝えて頂くと幸いです、乱雑な文章で申し訳ありませんが素晴らしい製品を納入して頂き本当にありがとうございました。』

というメール内容ですが…このホームページでも紹介させて頂いたHOISTのMi7Functional Trainerをご注文頂き、かなり急いで手配しましたが12月末に東京港入港で年内発送は叶わず、正月明けの出荷になりました。総重量はウエイトを入れると434.8kgにもなるにも拘らず、コストセーブも鑑み、お客様の住居近くの運送会社留めにしてお客様自ら受け取りに行き、自ら組み立てたいとのご要望に実は弊社としてはお客様自らトラックを手配し、自ら組み上げられるのかという幾ばくかというよりかなり大きな不安を抱いていたところに上記のメールを頂いたので喜びも倍増という結果になりました。

今年はじめに小さな幸せを頂き、これを励みにフィットネスを通じて我々が感じた喜びの輪を日本中に広げて行きたいと強く祈念した次第です。

HOISTについて

振り返って見ると3ヶ月もブログを更新していませんでした。

この間は仕事そっちのけでなにかやりたいことをしていたわけではありません。

会社的には弊社が取り扱っているトレーニングマスク『REBNA』が某テレビ局で放映された結果大変な数のご発注を頂き事務所はてんやわんやだったり、HOISTのマシンの納品が沖縄も含めてこの時期に集中したりと有難い時間をすごさせて頂いてました。

そんな中毎年参加していたアメリカ『IHRSA』(International Healthand Racquet Sports Club Asossiation)が今年はフロリダのオーランドで開催というのでHOIST社のビリー社長には遠いので行きたくないと言って行きませんでした。

結果、8月にハワイ辺りで会わないかということで8月25日にホノルルで会って、ミーティングをしてきました。正直、今期はそこそこ販売しているものの前年は壊滅状態だったので気分は少しブルーな状態で会いました。ところが話は予期せぬ話の展開になり(ちょっと企業秘密なので公開できませんが…)逆にかってアジア№1のディーラーだったことを思い起こして頑張ってくれと大いに励まされてしまいました。

ビリーがHOIST社の社長就任の2002年対比でインターナショナルの売上は13.3倍に増え続けているとのこと…日本で支持されないないわけが無いと勇気を貰って帰ってきました。来期の目標ははっきりと見えてきた思いです。ミーティングの後、ホノルルに新たにオープンした最高級ホテルのリッツ・カールトンの中にあるジムを見学に行きました。今まで見たホテル内のジムの中ではぬきんでてファッショナブルで洗練された無駄のないジムでした。このパターンを日本でも是非展開していきたいと強く思っています。ご興味のある方は是非ご一報のほどよろしくお願いいたします。因みにブラックはスタンダードカラーではありませんが時間をいただければオプションで可能です。

image
2

3

今期政策発表会を終えて

『政策会議の資料を作成していく中で2015年度を振り返りながら、周りのスタッフにどれだけ支えられて仕事ができているかを改めて感じました。一人一人の力は微力でもみんなで知恵を出し合い切磋琢磨していく中で仕事をしていけることは本当に素晴らしいことだと思います。このような環境で働かせて頂きありがとうございます。さらに2016年後半はチームワークを高めるために目標会員数を出しました。その目標に向かって・・・いえいえ、その目標を超えていけるように頑張りたいと思います。』

これは5月12日の政策発表会を終えて13日に届いた週報の中に書かれていた「ウエルネスクラブウエブ八千代」支配人の言葉です。会社を苦しいながらも”やってて良かった”と実感しています。こういうスタッフに経営者は支えられていることを忘れずに経営者もより一層精進しなければいけないと肝に銘じたしだいです。前期のテーマは『一専多能』と『事業の複合化』で目標設定しましたがその達成度は数値目標としては99.8%でした。フィットネス機器販売がレブナの健闘はあったものの85.8%に終わり、この穴をシニアフィットネス事業がカバーしたという結果でした。

今期は『縁』を大事に、古いご縁も新しいご縁も大切に…一生懸命、正直に仕事をやり遂げる。戦略的にはシニア向け小型高感度フィットネスジムの新規展開を新しいご縁を頂いた企業様と共に展開していくこと、そして古いご縁が今年結実したHOISTの販売を更に強化拡大していくことで”フィットネスの運営、機器販売、シニアフィットネス事業”をリンクし、波及拡大できればと強く念じています。